更年期でできやすいニキビとは?

更年期の方にできるニキビについて

ニキビは若い方にできると考えられがちですが、年齢の高くなった更年期の方でも生じる事があります。20代や30代の方 にできるニキビでは生活習慣の影響が大きくなっています。不規則な生活や偏った食事などで体内環境が悪化してその 影響がニキビとして生じます。

それに対して更年期の方のニキビは10代の方に生じるニキビと原因が似ています。両方 とも、ホルモンバランスの変化が大きな要因となっています。

ホルモンバランスとは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスで、男性にも女性にもこの両方が存在しています。10代の 方はホルモンが多く分泌され、ホルモンバランスが崩れやすくなります。

このホルモンバランスの崩れがニキビの原因 です。男性ホルモンの働きが活発になり、皮脂が多く分泌されてニキビに繋がります。更年期の女性の方は閉経が近付い てくる時期です。閉経が近付くと女性ホルモンの分泌が少なくなるため、男性ホルモンの働きが活発になります。

そのため、10代の方と状況的には似た状態になり、女性ホルモンの働きが低下する事で相対的に男性ホルモンの働きが 活発になるため皮脂が多く分泌され、ニキビができやすくなるのです。

また、それに加えて体内の他の機能も年齢が高く なった方では衰えが生じているため、肌を健康に保つ機能も低下しています。皮脂で汚れが溜まってしまう環境が生じ やすくなるため、ニキビになってしまう事があるのです。

こうした事を防ぐには、基本は他の年代と同様の事が当てはまります。洗顔をきちんと行い、肌を清潔に保っていきま しょう。朝と夜の2回の洗顔を丁寧に行っていく事で、肌の状態を良好に保つ事ができます。

それに加えて化粧水などを 使っていけばよりきれいに肌を保つ事ができます。症状がひどい場合には年齢を重ねる事での体内機能の低下が原因に なっている事もあるので、あまり自分だけで治そうとせず、皮膚科などで医師に相談するのもお勧めの方法です。